ゲームと小説と遊びの子狐屋じゃくまるブログ

連載小説とかゲームとか調べたことなどを色々と載せていきます。役に立ったり面白いと思ったらいつでもウェルカム

MENU

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第16話 遥とミレの狩り

結局、隣接した混沌から来る存在についてわかることはあまりなかった。 世界と世界の間には何かがあるのだろうか。 混沌と宇宙は違うものなのだろうか。 わからないことが多すぎるので、頭がパンクしそうになる。 フェアリーノームの世界から帰ってきたボク…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第15話 混沌より来たりし者

意図せずしてボクが管理する世界ができたわけだけど、何をどうすればいいのかな? そもそも【亜神】ってなんなんだろう? ミレに聞いてみるべきかな。 「ミレ、【亜神】って、何?」 襲ってくるという【亜神】とは一体どんな存在なんだろう。 「そう頻繁に侵…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第十四話 フェアリーノームたちの問題

ボクとミレは目の前の街に向かって歩く。 あの街は何の街なんだろう? やっぱりフェアリーノームの街なんだろうか? 「ねぇミレ。あの街はフェアリーノームの街なの?」 「はい。そして私たちはあの街にある水晶に用事があります」 どうやらボクもあの街に行…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第十三話 フェアリーノームの世界

ミレたちとの着替えを終えたボクは食堂に降りる。 食堂にはイーサさんがすでに居り、ボクを見つけるとゆっくり近寄ってきた。 「おはよう遥。すまないが神界の所用で数日間離れる。その間、危ないことは控えて何かやっていてほしい。まぁミレたちがいるから…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第十二話 お着換えは強制です

ゆさゆさ……ゆさゆさ……と体が揺らされる。 なんだろう? と思ってゆっくり目を開けるとミレがボクのことを揺すっていた。 「ん~。ミレ~?」 ボクの言葉を聞いたみれはこくんとうなずくとボクに抱き着いてきた。 部屋が明るいので外はもう朝なのだろう。 「…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第十一話 ログハウスとフェアリーノーム

森の中に建てられた三階建てのログハウス。 ログハウスというには大きすぎるし、持ち運べるよう設計されているので基礎がない。 一応下が一番重く頑丈になっているようなので、不具合があったらその時に対処しようかな。 「さすが職人。すごい」 ボクが褒め…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第十話 ゴブリンと復讐

昼食から少し後、かなり早くログハウスの外観が組みあがった。 現在フェアリーノームたちが内装工事をしているようで、板材を運んだりしている。 外観は丸太組みのログハウスだけど、中身は山小屋風ロッジという感じになりそうだった。 「よ、よーし。行きま…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第九話 ログハウス作成とバーベキュー

こんにちは、じゃくまるです。 最近小説更新が忙しかったのでブログの更新ができてませんでした。 今日あたり何か投稿するので、今からネタを考えておきます! 以下は本文です。(ここまで前書き)

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第八話 石製アーティファクトを作る

フェアリーノームを連れて森の中を歩く。 イーサさんも一緒だが、なぜかフェアリーノームが真ん中に入って牽制しているので隣に立って歩くことができない。 イーサさん曰く仲間意識が非常に強いらしい。 「あー、そうだ。名前つけたほうがいいかな? 名前ほ…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第七話 フェアリーノーム

「フェアリーノームか。厄介だな」 「ファアリーノーム?」 なんだか可愛らしい名前だ。 「フェアリーノームは一応温厚な種族なんだが、警戒心が強く下手に近づくと攻撃されてしまうんだ。特に男性に対しては攻撃的だな」 それは温厚というのだろうか? 「こ…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第六話 森の中の小さな女の子

イーサさんが周囲をそれとなく見てくれている間に色々なものを集めては手当たり次第に【空間収納】に入れていく。 【空間収納】は収納していくと同時に【鑑定】効果が発動するのだが、雑草というジャンルにまとめられている草を入れていくと面白いことがわか…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第五話 アイテムクリエイト

イーサさんと【アイテムクリエイト】スキルの勉強の時間が来た。 といっても、イーサさんは概要を知っているだけで作り出すことはできないらしい。 ベルザさんは権能の時点で出来るとしか思えないので、もっと詳しいことを聞いてみるとしよう。 「さっそくだ…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第四話 ギルドに登録しようその2

さて、早速猟師ギルドに新規登録します。 張り切ってまいりましょー! ついさっきまで商業ギルドにいたボクは、保護者のイーサさんと一緒に猟師ギルドへと来ていた。 ここでは魔物の素材や動物製品などの売り買いができるのだ。 ついでにハンティングクエス…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第三話 ギルドに登録しようその1

一日目を終えてわかったことは、イーサさんは厳しいけど優しいということと舐めたら必ず痛い目に合うということだった。 なので人型の生物を殺せないとか言ってたら自分が悲惨な目に合うということを理解せざるおえなかった。 特にゴブリン。 死ぬほど怖い目…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第二話 なめるな危険

光に包まれたボクたちがたどり着いたのは、長閑そうな農村近くの森にある祠の前だった。 日本に戻る条件として簡単なお遣いをすることになったわけだけど、王都ってどこ? あと、ここはどのあたりなんだろう? わからないことだらけだ。 「遥、この世界には…

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第一話 プロローグ 突然の死? そして――

……遥、もし時が来たら、その時は覚悟しなさい。 あれはいつのことだっただろう。 たしかずっと昔に母が言っていた言葉だった気がする。 でも何に覚悟すればいいんだろう。 ……覚えてないや。 ボクは今、真っ白な世界にいる。 目が覚めたらここにいた。 一体こ…