ゲームと小説と遊びの子狐屋じゃくまるブログ

連載小説とかゲームとか調べたことなどを色々と載せていきます。役に立ったり面白いと思ったらいつでもウェルカム

MENU

神様になったTS妖狐はのんびり生活したい~もふもふ妖狐になった新人神様は美少女となって便利な生活のため異世界と日本を往復する~ 第一話 プロローグ 突然の死? そして――

……遥、もし時が来たら、その時は覚悟しなさい。 あれはいつのことだっただろう。 たしかずっと昔に母が言っていた言葉だった気がする。 でも何に覚悟すればいいんだろう。 ……覚えてないや。 ボクは今、真っ白な世界にいる。 目が覚めたらここにいた。 一体こ…

【ブルーアーカイブ】5/24メンテナンス後のアップデート情報

こんにちは、じゃくまるです。 今回はついに来てしまいました、エデン条約編の第四章の実装です。 前回いずこかへと消えていったアリウスの生徒たちが今回、生徒募集に登場するようになります。

なかなか小説ネタを絞り出すのって難しい

こんにちは、じゃくまるです。 ちょっと久々に普通の日記的なものを書きたいと思います。 日記というか進捗みたいな? 感じですけど。

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第12話 ピザと世界システムの管理者

ピザはおいしい。 でも食べ過ぎると太るわけで。 「はふぅ。もっちもち。おいしいですね」 さくらがとろけたような顔をしながらピザを頬張っている。 もちもちほっぺはぷっくり膨れて一生懸命口をもごもと動かしている。 「主様お手製ピザ久しぶりです~。材…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第11話 建築作業とこれからのこと

今日も今日とてピッピ―とホイッスルの音が聞こえる。 フェアリーノームたちが建築作業を行っているのだ。 ガンガン、ズドンズドン、ザックザック色んな音が鳴り響いている。 そんな中、狐たちはじゃれあったり私の尻尾に潜り込んだり、女神テューズに襲い掛…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第10話 夜の焼肉

陽がすっかり傾き月が顔を現し始めたころ、家の中から寝起きの雛がのそのそと出てきた。 まだまだ眠そうな顔をしているけど、頑張ってくれたのであとはのんびりしてもらうとしよう。 というわけで早速手作りの竈に石のプレートを設置する。 この石のプレート…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第9話 建築とフェアリーノーム

「それで雛はどんな手伝いを求めてるのかな?」 早速雛の求めているお手伝いについて考えてみる。 雛は現在建物の建築の前段階、場所と範囲をあらかた決めた状態のようだ。 ということは、資材運搬とか配置をしてくれる子を求めてる感じかな? 「はい。え~…

ゆっくり茶番劇という名称の商標登録問題

こんにちは、じゃくまるです。 今話題の【ゆっくり茶番劇】の商標登録について思ったことを書いてみようと思います。 今回の件は、創作者としてまた動画投稿者として考えるべきことが多いからです。

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第8話 それぞれの役割

従者たちと女神テューズ、シアを連れて地上へと戻ってきた。 一部権限しか取得できない状態ではあの場所に残っても意味はない。 というわけで、さっそく今後のことを考える。 「マスター、この島を覆う結界ですが、しばらくはこのままがいいと思います」 廃…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第7話 協力関係

結論から言おう。 『アレ』の残滓は全くと言っていいほど残っていなかった。 正確には逃げた痕跡が女神テューズの周辺の空間に残されていた。 どうやら『アレ』は私のことを覚えているらしい。 でもなぜ逃げたのだろうか。 その気になれば、今の私を襲うこと…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第6話 女神の異変、世界の異変

戦闘が終わったメディカルルーム内には微妙な空気が流れ始めていた。 一つは様子のおかしかった女神テューズが大人しくなったこと。 そしてもう一つは私に抱き着く雛菊とそれをじっと見るさくら、雛、鈴の間に流れる無言の空気だ。 この場の空気は少し耐えら…

【ブルーアーカイブ】メンテナンス後に始まる募集内容とストーリーの実装を簡単にまとめる

こんにちは、じゃくまるです。 イベント終了前ですが、最後のカード捲りは終えましたか? 念のためにリマインドしておきますね。 さて、今回はメンテナンス後に始まる新しい生徒募集とストーリーについてです。

YouTubeLiveでの誤BANが相次いでる!? という話

みなさんこんにちは、じゃくまるです。 本日はちょいちょい耳にする荒らしの噂について考えたいと思います。

簡単キャラクター設定

とりあえず主人公と従者の子の設定を箇条書きで。

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第5話 突然襲われたので応戦します

えー、なんだかよくわかりませんが、突然目の前の人物が襲ってきました。 ちょっと怖いです。 今私は、さくらと雛に守られ後方にいます。 これでいいのか? 私よ。 「消え去れええええ!!」 発狂したかのように叫びながら私たちに攻撃を仕掛けてくる目の前…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第4話 転移装置

さくらたちを伴い廃墟までやってきた私は、早速初日に探索した建物内を再探索することにした。 ある程度持てる物は持って行ったし、灰なども得ることはできた。 しかし、まだ埋もれた個所もあるので何か残っているかもしれない。 今日改めてこの建物を見てみ…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第3話 二人目のお供を呼び出す

昨日は結局、周囲の環境を整えるだけで時間をいっぱいまで使ってしまった。 さらに言えばそのあとは夜の分の食糧調達と、保存食の作成に時間を使ってしまった。 便利な生活に慣れた私にはサバイバル生活はなかなかに難しい。 でもなぜか私と同じように便利な…

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第2話 お供を呼び出しましょう

いつの間にかまた寝てしまっていたようだ。 今回も狐たちが私の周りに集まって寝ているし、子狐たちは子狐たちで私の上で丸くなって眠っている。 どうやら彼らは私の周りに集まることで安心感を覚えているようだ。 さながら母親か父親のようなものだろう。 …

【ブルーアーカイブ】千鳥ミチルさんの紹介

みなさんこんにちは、じゃくまるです。 今回はやたらとへたれ可愛さ全開の忍術研究部部長、千鳥ミチルさんの紹介をしたいと思います。 イズナさんと対をなすと言わんばかりの狸娘ですが、非常に可愛らしいのでお勧めしたいと思います。

Twitterでの脅迫問題

みなさんこんにちは、じゃくまるです。 今回はいつもの話とは関係ありませんが、最近起こった出来事について書いていこうと思います。 その内容とは『Twitter上での脅迫』についてです。

【ブルーアーカイブ】勇美カエデさんの紹介

がめ みなさんこんにちは、じゃくまるです。 今回は不忍ノ心にも登場します、勇美カエデさんの紹介です。 それでは、さっそく見ていきましょう!

【試験創作・なろう系小説】制約に縛られて真価が発揮できない最強の術士、所属パーティーをいきなり追放されたので仕方なく故郷に帰って土地を開拓することにしました。

試験的に書いてみました。 そのうち消す予定。 いわゆる追放系ですね。 見栄えとか確認しています。

【ブルーアーカイブ】もうすぐ始まります、不忍ノ心

こんにちは、じゃくまるです。 今回はもうすぐ始まります、ブルーアーカイブの新イベント【不忍ノ心】の生徒さんとスキルについて見ていきたいと思います。 早速始めていきましょう!

【ブルーアーカイブ】新イベントですって!!【不忍ノ心】

こんにちわ、じゃくまるです。 もうすでに梅雨のような雰囲気を醸し出している春ですが、体調のほうはいかがでしょうか。 さて今回は、ブルーアーカイブの新しいイベントについて語りたいと思います。

いわゆるライトノベルを執筆していて思うこと

こんにちは、じゃくまるです。 今回はライトノベルを執筆していて思うことについて書いていきたいと思います。 このお話はあまり建設的ではなく、読まれた方の役に立たない可能性があります。

小説やイラストを書く上で大事にしていること。みんなはなにがあります?

私は作品を好きになること、愛することを一番大事にしています。 こんにちは、じゃくまるです。 みなさんは小説やイラストを書く上で何を大事にしていますか? 私はもう冒頭で行ってしまいましたが、ずばり【愛】です。

【ブルーアーカイブ】カルバノグの兎のストーリーやりました。【ネタバレ有】

こんにちは、じゃくまるです。 今回はブルーアーカイブのメインストーリー【カルバノグの兎】のお話です。 といってもイベントスチルしか今手元にないので、他の画像はあと掲載になります。 というわけで、早速始めていきましょう。

ファンタジー小説に近世が多い理由はなに?状況から推察できる理由4選

みなさんこんにちわ、じゃくまるです。 今回も意味もなく自分なりに考えたことを書いていきたいと思います。 需要ないとアクセス数伸びないんですけどね(’’

目が覚めたら洞窟の中でした。仕方がないので生活環境を整えつつ帰還を目指します。 第1話 目覚めるとそこは洞窟だった

ふと眠りから覚める感覚を味わう。いつの間に寝ていたのだろうか。 ここ最近、夜更かしをして遊んでいたのは事実だが、寝落ちすることなどほとんどなかった。 久々に寝落ちをしてしまったのだろうか。 何やら顔の周りがごわごわした物が触れている。 気にな…

小説を書くって何からやればいいの? それではまずここから始めませんか?

こんにちは、じゃくまるです。 今日も感じたことや調べたことについて書いてみようと思います。 今回のテーマは『小説を書くって何からやればいいの?』です。 まぁ読んでそのままなんですが、どういう風に始めるの? といった初歩的なお話を。